かるみるくの成分と副作用

かるみるくに配合される各成分毎の効果や副作用の危険度を分析

かるみるく,成分,副作用

 

かるみるくに配合されている原材料の成分の効果や副作用の危険度を調べてみました。かるみるくでカルシウム不足を補う前にこちらの記事に目を通しておきましょう。

 

>>>かるみるくを実際に飲んでみた私の口コミ

かるみるくの全成分と効果や副作用について一覧

効果・効能 副作用の危険度
ミルクカルシウム 牛乳の加工過程の副産物として作られる乳清(ホエイ)を元に得ることのできる天然のカルシウムです。吸収率に非常に優れています。
ヨーグルトパウダー 粉末状のヨーグルトです。整腸効果や免疫力を高める力を秘めています。
ブドウ糖 ブドウ糖(グルコース)は腸内で吸収され、私たちが生きる上でのエネルギー源として活躍しています。
ラクチュロース 腸内環境を整え、ビフィズス菌を増やすことで、お腹の調子が整います。また、カルシウムの吸収を高めます。
CPP カルシウムを効率よく吸収するためのサポートをしてくれます。骨粗鬆症の予防・改善に効果が期待されています。
デキストリン 整腸作用と食後血糖上昇抑制作用を持っています。
乳酸菌 腸内に存在する細菌(悪玉菌、善玉菌)のバランスを改善し、腸内環境を整え、体の巡りを良くします。
酸化マグネシウム 古来より胃腸薬として用いられ、便秘改善に力を発揮します。
香料 主に食品や化粧品などに含まれており、香気を与える成分です。
ビタミンC 皮膚や粘膜を正常に保ちます。またストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収力を良くしたり、抗酸化作用も持っている等多くの働きを期待されています。
ステアリン酸カルシウム 食品添加物であり、粉末状のものに対する固結防止効果や滑沢剤、コーティング剤、増粘剤として用いられる成分です。
微粒二酸化ケイ素 乾燥材です。サプリメントが空気中の水分を吸って質が劣化するのを防ぐために配合されています。
クエン酸 疲労回復の効果や、血流改善、ミネラルの吸収促進、美肌効果、痛風防止などの効能が期待されています。
甘味料(ステビア) お菓子などに含まれている植物由来の天然甘味料です。甘未度は高いのにカロリーが少ないのがメリット。
ビタミンD 骨格と歯の発育を促進します。腸内ではカルシウムやリンの吸収力を促進させて、血中のカルシウム濃度を一定に保つ働きがあります。

※★が多いほど副作用の危険性が高い

 

副作用の危険性はない

各成分の副作用の危険度について調べてみたところ、どの成分も体に悪影響を及ぼす危険性の少ない成分であることがわかりました。ただし、マグネシウムを含むので15歳以下の子供は摂取を避けた方がよさそうです。

 

過剰摂取には注意

大人が飲む分には特に副作用の心配はありませんが、何事も過剰に摂取し過ぎると体には悪影響です。カルシウムを摂りすぎると高カルシウム血症になる可能性もあるので、適量は必ず守るようにしましょう。

 

>>>かるみるくを実際に飲んでみた私の口コミ

page top